沖縄で野鳥観察

主に沖縄本島内を歩き回っています

2022年9月の野鳥

今年の9月は台風ばかりでウンザリでしたね。

2度あった3連休も台風の影響で思うように動けず、バードウォッチングへ行った回数は 少ないのですが、行けた日はどれも濃密な時間を過ごすことができたので、それほどフラストレーションは感じていません。

 

9月最初の鳥見は国頭村へ。

セイタカシギ国頭村2022年9月10日)

景色が変わると見慣れたセイタカシギも違って見えます。

 

沖縄では旅鳥の無印ツバメの群れも飛び回っていました。

ツバメ(国頭村2022年9月10日)

この日一番印象に残ったのはクロハラアジサシ。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

クロハラアジサシは別記事にまとめたのでそちらもよろしければ。

okiyasu.hatenablog.com

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

電線にとまるコゲラ。他の野鳥達との違いにお気づきでしょうか。

コゲラ国頭村2022年9月10日)

電線に縦にとまっていますね。

 

タカブシギも印象に残っていて そちらも別記事にまとめたので張っておきます。

 

okiyasu.hatenablog.com

 

 

その後は沖縄こどもの国にも行きましたね。

okiyasu.hatenablog.com

カワラバトは珍しくもないのですが、とても綺麗な羽色の娘がいたので貼っておきます

カワラバト(沖縄市2022年9月21日)

黒々している強そうなオスが気になるようで近くをウロウロ。

 

片羽が動かないキンクロハジロ

もうすぐ仲間達が渡ってくるのでそれまでは一人で我慢して。

キンクロハジロ沖縄市2022年9月21日)

一番嬉しかったのはやはりシロハラクイナに出会えたこと。

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

幼鳥、成鳥共にじっくり観察できて満足。

シロハラクイナ:成鳥(沖縄市2022年9月21日)

シロハラクイナも別記事にまとめたのでそちらも御覧ください。

okiyasu.hatenablog.com

そんなこんなで明日から10月で沖縄は探鳥シーズン突入 。

今週末は晴天が続くということなので期待大で楽しみです。

 

okiyasu.hatenablog.com

 

 

国頭村でクロハラアジサシ

連休は台風の影響で天気が悪かったのと、私のもう一つの趣味である有名店コピー料理への情熱が爆発したのでバードウォッチングは一休み。

 

というわけで今回はストック分から 9月上旬に訪れた国頭村某所で出会ったクロハラアジサシの写真をまとめていこうと思います。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

冬羽に換羽中なので個体ごとの差異が大きいです。

 

↓参考までに夏羽はこちら。

クロハラアジサシ:夏羽(金武町2019年5月4日)

沖縄では初夏と秋によく見られる旅鳥

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

岩場のある海岸で出会うことが多いのですが、魚だけではなく昆虫も捕食するので、農耕地や埋立地でも見かけます。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

この日は昼前の農地を4羽で飛び回りながら急降下を繰り返していました。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

ほぼ冬羽に換羽を終えた子もいれば未だ夏の面影を残している子も居り移り変わりがよく分かるグループです。

 

潜んでいる昆虫を捕食しているようですが良くもまあ飛び回りながら小さな虫を見つけられるものだと関心します。


www.youtube.com

人馴れしているのか近寄っても逃げずに採餌を続けています。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

下の写真の子は完全に冬羽ですね。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

もう少し近づきたかったのですが 人馴れしているように見えても野鳥なので、長旅の休息と栄養補給を邪魔してはいけないと思い 遠くから観察。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

薄曇りの中でマイクロフォーサーズカメラに300mmレンズ+1.5倍テレコンバーターのフルサイズ換算900mmを手持ち撮影だったので 思うようにシャッタースピードを上げることができす手ブレから来る解像度低下を抑えられなかった為に 全体的にぼんやりとした質感の写真が多くなってしまいましたが、アジサシの飛ぶ姿を30分近く観察ことができたので満足できた1日でした。okiyasu.hatenablog.com

okiyasu.hatenablog.com

 

シロハラクイナ

先日ニアミスしたシロハラクイナが気になって仕方なかったので 人が少ない平日の午前中なら警戒心の強いシロハラクイナでも日向に出てくるのではないかと思い再度沖縄こどもの国に行ってきました。

 

結果は大当たり。

シロハラクイナに再会できました。

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

先日出会った幼鳥と同じ個体のようです。

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

ツル目クイナ科のシロハラクイナは 沖縄では留鳥なのですが個体数が少ないのと前述したように警戒心が強いのでなかなかお目に掛かることができない野鳥。

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

浮草の上を長い指を備えたカンジキの様な大きな足で歩き回りながら餌を探しています。

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

幼鳥がいるということは成鳥もいるだろうと思いあたりを注意深く観察していると、

いました成鳥。

シロハラクイナ:成鳥(沖縄市2022年9月21日)

シロハラクイナは群れをつくらず、縄張りに入ってきた同族に対し威嚇を行うので、距離が近いこの2羽は親子関係にあると思われます。

シロハラクイナ沖縄市2022年9月21日)

動画も撮影しましたが撮影を始めた直後に遠足の幼稚園児集団が騒ぎながら襲来したので、嬌声や雑音がひどくて音量を絞っています。


www.youtube.com

 

下の成鳥の写真は動画からの切り出しです。

シロハラクイナ:成鳥(沖縄市2022年9月21日)

やはり成鳥は慎重でなかなか開けた場所に出てきません。

 

シロハラクイナ:幼鳥(沖縄市2022年9月21日)

正午が近づいて先に隠れた成鳥についていくように 幼鳥も 茂みの中に去っていったのでこの日の観察はここで終了。

 

こちらではヤンバルクイナよりレアだと言われているシロハラクイナを1時間近く眺めることができて大満足な一日でした。

okiyasu.hatenablog.com

 

秋の沖縄こどもの国

台風14号が通過中の日曜の朝、二度寝から目覚めると 普段は行楽に関して受動的な妻が珍しく自発的に「ここに行きたい」とネット記事を見せてきたので確認すると 沖縄こどもの国で9月17日から三日間だけヤンバルクイナを一般に限定公開するとのこと。

 

というわけで翌月曜の敬老の日、沖縄こどもの国へ妻と一緒に行ってきました。

連休と限定公開の最終日ということもありゲート前に長蛇の列ができていたのでヤンバルクイナの元へは 通常展示を見て回ってから家族連れの集団と時間をずらして行くことにしました。

 

サシバ、前回来たときより太ったように見えます。

サシバ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

ミサゴ達は飛び回ることができずイライラしているのか3羽で小競り合いを続けていました。

ミサゴ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

ミサゴ達の隣のスペースにはカンムリワシ

カンムリワシ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

隣で騒いでいるミサゴ達が癇に障るのか冠羽を逆立てたりしています。

 

行く先々で鳴き声だけは聞いているけど野生の個体の写真は一枚も撮れていないアカショウビン

アカショウビン(沖縄こどもの国2022年9月19日)

ミゾゴイは気づかれていないと思っているのかバードケージに近寄っても逃げません。

ミゾゴイ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

そんな感じで常設展示コーナーをのんびり見て回った後はいよいよ お目当てのヤンバルクイナです。

ヤンバルクイナ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

3羽を飼育中とのこと。

環境省の「ヤンバルクイナ保護増殖事業」により、国頭村で70羽以上のヤンバルクイナを飼育しているそうですが、今年の1月からリスク分散のため沖縄こどもの国でも飼育を開始することになったそうです。

ヤンバルクイナ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

ここのヤンバルクイナ国頭村の施設で生まれた子達とのことで、今回は9月17日の語呂合わせの「クイナの日」に合わせて特別に一般公開することになったそうです。

 

ヤンバルクイナをゆっくり見たいのはやまやまですが、ここは「こどもの国」。子供達に場を譲るため後ろ髪をひかれながら常設展示コーナーへ戻ることにしました。

 

そういえば前回は良い写真が撮れなかったのを思い出しオシドリのケージへ。

オシドリ♀(沖縄こどもの国2022年9月19日)

ナイロンネットが貼られているのでやはり上手く撮れません。

オシドリ♂(沖縄こどもの国2022年9月19日)

その後は哺乳類と爬虫類のコーナーを見学した後、外部から野鳥がやってくる水と緑の広場のバードウォッチングデッキへ。

 

遠くて暗いですが妻がシロハラクイナを見つけました。

シロハラクイナ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

幼鳥のようです。

シロハラクイナ(沖縄こどもの国2022年9月19日)

この日は150mmレンズ。300mmレンズを持って行けばよかった。

 

そして時期外れなキンクロハジロ

キンクロハジロ♀(沖縄こどもの国2022年9月19日)

この子は右の羽が動かなく飛べないようです。

www.youtube.com

動画も撮影したのですが不特定多数の行楽客の会話がまるごと入っていたので音声はカットしました。

 

野生のヤンバルクイナは2度ほど遭遇していますが、「車で移動中に前に飛び出してきて急ブレーキ」など落ち着いて観察できた事が無く落ち着いて観察する機会を与えてくれた関係各位に感謝。

ついでに 沖縄本島ではヤンバルクイナよりレアだと言われているシロハラクイナにも会えたし、妻の喜ぶ顔も見ることができて充実した一日でした。

 

okiyasu.hatenablog.com

okiyasu.hatenablog.com

国頭村のタカブシギ

国頭村某所で出会ったタカブシギ達の写真を上げていきます。

 

稲田で野鳥たちの入待ちをしているところへ8羽ほどの群れでやってきました。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

知識としては知っていましたが ホバリングする姿を自分の目で見るのは初めて。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

クサシギとよく似ていますが、クサシギより体がやや小さく足が長いのと翼の裏面が白っぽいのが見分ける目印です。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

あと上の写真がわかりやすいのですが尾羽根の白斑が大きいのも識別ポイント。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

普段はクチバシで泥を突いて餌を探しているイメージが有るのですがホバリングも餌探しの為に行っているのでしょうか。

私には仲間内の小競り合いの様にしか見えなかった。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

カラスに驚いて一旦飛び上がりましたが、カラス達が通り過ぎていくのを見送ったあと周回飛行しながら同じ稲田に戻って来ました。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

沖縄では冬鳥として見ることができるタカブシギ

 

今季も楽しませてもらえそうです。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

見分けるのがが難しいシギ・チドリですが今回は識別しやすい写真が多かったので楽でした。

 

今回のようにいつも上手くいくといいのですが…

 

okiyasu.hatenablog.com

 

 

国頭村で探鳥(3)

やっと行けましたバードウォッチング。

 

天気は台風12号の影響なのか薄曇りで微妙な感じでしたが妻と一緒のバードウォッチングも久しぶりだったので気分も軽く、少し足を伸ばして国頭村へ。

 

それにしても暑かった。ほとんど風が吹かない上に湿度が高くて空調服があまり機能していなかったので 思ったより体力を削られました。

 

まずは車を降りてすぐの水田。

 

しばらく待っているとヒバリシギ達がやってきました。

ヒバリシギ国頭村2022年9月10日)

前にも書いたけど私は立体視が苦手で距離感が掴みづらい。なので比較対象が無いと大きさが良くわからないのでもしかしたらウズラシギかもしれません。

 

近くにはセイタカシギが。

セイタカシギ国頭村2022年9月10日)

人馴れしているのかこちらに気づいているだろうに近づいてきます。

 

アマサギも居たのですが 乱反射でぼやけて写っています。

アマサギ国頭村2022年9月10日)

薄曇りで湿度が高い環境ではPLフィルターが必要ですね。

 

タカブシギ達もやってきました。

タカブシギ国頭村2022年9月10日)

タカブシギの写真は数が多いので別記事にまとめます。

 

ブラインド無しで同じ場所に陣取ると野鳥達に圧をかけるので長居せず移動しながら他の野鳥を探すことに。

 

ここもセッカが多く居ます。

セッカ(国頭村2022年9月10日)

私は見逃してしまいましたが、妻はセッカ同士の小競り合いを眺めていたそうです。

 

更に歩いていくとツバメ達。

沖縄では固有種のリュウキュウツバメが主で無印ツバメは春秋に見られる旅鳥

ツバメ(国頭村2022年9月10日)

ツバメの写真もたくさん撮れたのでこちらも別記事にまとめます。

 

ツバメ達の中に一回り大きいアマツバメだと思われる子が混じっていたので写真を撮ろうと夢中になっていたら頭痛と目眩が襲ってきたので妻に飲み物を買いに行ってもらい 買ってきてもらった麦茶を一気に飲んで一休み。

 

体調が回復したし気温が上がってきて野鳥達も休息に入り始めたので我々も車に戻ることに。

 

局地情報を確認すると 気温が34度で湿度85%という数字を見ただけでクラクラする表示が出ているのにシマキンパラ達は元気。

シマキンパラ(国頭村2022年9月10日)

そして今秋もやってきましたクロハラアジサシ。

クロハラアジサシ(国頭村2022年9月10日)

この日見たのは4羽。動画も撮影したのでよろしければ。


www.youtube.com

外部ガンマイクのジャックを間違えてカメラのイヤホンポートに差し込んでいたために変な雑音が入っています。

それはそうとクロハラアジサシも近いうちに別記事にまとめます。

 

この日の〆はコゲラ

コゲラ国頭村2022年9月10日)

木肌ではなく電線に止まっている姿は珍しい。

コゲラ国頭村2022年9月10日)

ずっと鳴き続けていましたが私達に気づいて飛んでいってしまいました。

 

この日は暑すぎてここでおしまい。エアコン漬けで体がなまっているなぁ…

 

それと今回はお土産もありました。

おそらくサシバの次列風切羽だと思います。妻が見つけて拾ってきました。

 

久しぶりの鳥見でしたが次の週末三連休も 台風の接近でどうなるかわかりません。

3つ同時に発生するとはね。

okiyasu.hatenablog.com

okiyasu.hatenablog.com

 

(番外編)今年出会った生き物たち

今回は番外編です。

 

過去に撮影した写真の整理をしている最中に目にとまった野鳥以外の沖縄の生き物たちを貼っていこうと思います。

 

まずは悪名高いフイリマングースから。

フイリマングース読谷村2022年4月9日)

沖縄本島北部の駆除は一定の効果をあげているそうですが中南部では頻繁に見かけるフイリマングース。三白眼を除けば結構かわいいんですけど固有種や農作物を守るためには致し方ないのか。

 

そして沖縄のトンボ。

リュウキュウハグロトンボ♂(国頭村2022年4月16日)

温暖な気候のため一年中飛び回っている沖縄のトンボ達。

子供の頃、年中トンボを見ている私には サザエさん等で語られる「トンボ=秋」という図式がイマイチ理解できなかった覚えがあります。

タイリクショウジョウトンボ♂(金武町2022年5月3日)

近所に蚊の発生源になっている準ゴミ屋敷があり、私の自宅もそれに悩まされているのでトンボ達を庭に誘致して蚊を食べ尽くしてほしいです。

ハラボソトンボ(金武町2022年5月3日)

以前ラジオのローカル番組で沖縄はトンボ天国だと聞いた覚えがあるのですが詳しい方が居たら何種類ぐらいのトンボが居るのか教えていただけないでしょうか。

 

そしてこちらも悪名高い外来種サイカブト

サイカブト沖縄市2022年6月28日)

以前はタイワンカブトという通称が一般的でした。ヤシ類への被害が深刻で県が防除計画を立てています。

 

そして最近急激に数を減らしているオキナワキノボリトカゲ

オキナワキノボリトカゲ読谷村2022年7月17日)

子供の頃は那覇市内の住宅地でも普通に居るトカゲだったのですが最近は見なくなりました。

 

8月の曇天の朝、自宅の窓を開けるとクビワオオコウモリと目が合いました。

クビワオオコウモリ(那覇市2022年8月27日)

明け方の大雨のせいでねぐらに帰るのを断念して街路樹で寝ることにしたようです。


www.youtube.com

丹念にグルーミングをしたあと自分の翼にくるまって寝てしまいました。

 

そして沖縄といえばミナミトビハゼ

ミナミトビハゼ豊見城市2022年8月28日)

沖縄の方言ではトントンミー。

ユーモラスな風貌で可愛いけど 私が愛する海鳥たちのゴハンでもあります。

 

今回、過去の写真を掘り起こしていたのは写真のストックが切れたからです。

 

猛暑で鳥枯れが続いたあと足の遅い台風に居座られたため直近の写真がもう無いので写真撮影は別にしてもバードウォッチングに行きたくて焦れています。

 

台風12号も発生したとのことで今週末も期待は薄いかなぁ…

okiyasu.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー